« 福岡遊々日記(1日目) | トップページ | 福岡遊々日記(3日目) »

福岡遊々日記(2日目)

ということで2日目です。

まずは大宰府へ行く。

時期的に極端に人がいたというわけではなかったのですが中国系の観光客の人が多かった気がします。そっち系の言語が電車内含め飛び交っていた。

大宰府では牛さんが祭られているのですが牛さんの体で自分の悪い部分をなでると良くなるということで(ちなみに角に触ると知恵が付くということです→大宰府ですからね)

伏せをしている状態の牛さんのいわゆる下半身の部分をちょいとなぜてきました。

しょうがないじゃないか・・・・どストライクできたんだもん・・・

そのおかげか薬も利きやすくて旅行中痛みはほとんどなかったです。ありがたい・・・

量は半端なかったけど・・・orz

名物の梅ヶ枝餅はさすがにあと2日滞在するのでお土産にするのはやめておいてひとつだけ購入。

お餅生地のお饅頭(あんこ入り)を焼いて提供していました。

光明禅寺とか政庁跡とかもいけばよかったなぁ・・・といまさら後悔・・・

で、次は小京都秋月へ

とりあえず行くまでに小ボケ連発しまくる。

まず甘木鉄道と西鉄甘木線を同じものだと思い込んでいた。

いや、結果的にはほぼ同じ場所に着くんですけど

当日それで乗り継ぎと到着時間が結構変わりました。まぁそれも旅の醍醐味ですけど(笑)

行きは西鉄で甘木駅へ。

駅近くで昼ごはんを食べた後バス停へ行くがいまいち見方が分からず(笑)タクシーで行く。

秋月はいわゆる町の名前なのでタクシーの運ちゃんに「どこで降りますか?」と聞かれて

「ぶらぶらしたいんですけど」とまた困った回答をして秋月の入り口付近に当たる眼鏡橋で下ろしてもらう。

観光地というよりは本当に人が普通に生活をしているという感じの地域でした。

家屋は本当に昔の家屋が立ち並んでいました。

観光客もまばらでしたし。観光地という感じはしなかったです。

細い道も何本かありましたが国道322号線メインに広い道を歩いてみました。

眼鏡橋から古処庵あたりまで

運ちゃん曰く「もう少し紅葉してから来ると見所ももっとあるんですけどね」といわれてました。

うん・・・山間だし木がたくさんあるから木陰は出来ていたけど暑かったですね。

湿度ないからすごし易かったけどほら貧血起こしかけたから(苦笑)

柳川も行きたかったんですけど事情が重なり博多へ戻る・・・

帰りは甘木鉄道経由で帰ってみました。

少しホテルで休憩をした後駅ビルを散策してみる。ここも広かったよなぁ・・・

とりあえず柳川と大宰府周辺をもう一度・・・行きたいです・・・

体調万全の時に(笑)

やっぱもう一度くらい・・・行くか涼しくなったら(笑)

|

« 福岡遊々日記(1日目) | トップページ | 福岡遊々日記(3日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福岡遊々日記(1日目) | トップページ | 福岡遊々日記(3日目) »