« 横浜お洒落さん旅 | トップページ | 手ブロはじめました »

お洒落旅スピンオフドリライ722日17:00公演

チケット当たって会場の行き方を調べるまで会場はパシフィコだと思っていました。

だから前のパシフィコ公演の時は相方に着いていったので小難しい作業(?)は相方任せだったんですが今回は一人だから頑張らなきゃ!!つうかよく分からなかったら相方に教えてもらわなきゃ!!くらいの気合の入れ方だったんですがチケットに書いてある会場名が「横浜アリーナ」で調べて新横浜近くだったんでほっとしたし気も抜けた今回(笑)

ということでうすらぼんやり感想

以下多少ネタバレ。曲順とかは正直無理ですがうすらぼんやりなりに書いていきます。

横浜アリーナ3階席1列目場所的にサブステージ寄りだったので

とりあえず席の前の柵に「一列目は立たないでねv」と書いてあったんですが

ギリギリに来てその札を見てなかったのか

1年トリオから注意がなかったのかで立つお姉さん方もいましたが

私は高所恐怖症なんで

素直に座っておりました。足も痛かったし(歩きすぎで)

私は立海戦から本気見というか立海戦が本命というかそういう人間でしたので

古めの歌はCDでしかきいていないので全部はわかりませんが結構前の歌から最終戦までからのピックアップされていました。

今回はマサと馬場君がそれなりに近くでいてくれたので相方分もガン見出来たので良かったです。

個人的に歌ってほしかった曲は出なかったなぁとしょぼんとしましたが

マサのソロがあったので(VS兄貴戦の歌)ガン見しておきました。

練習中のプロモっぽいのが流れたり(プロモとコントの融合したやつ)

ほぼ自由なキャラ崩壊コントだったり(四天宝寺のラブルスが自由すぎた。)

客席へのなだれ込みの回数が多かったり一階席のお嬢さん方は大喜びでしたでしょうね。

初代のキャストが出てきた時周囲の熱がぐぐっと上がっていたので

「ああ~やっぱり見守ってるお嬢さん方は本当に好きだったんだろうなぁ」と。

私は初代というより2代目、3代目が初めてのキャストだったんで「すごいなぁ」という感想程度でしたが

初代が踊ったり歌ったりトークしたりしているのをこの子達がミュの基盤を作ったんだなぁと。

後に初代から受け継がれたもの、初代でなくなってしまったものというトークでは

どれだけ見切り発車的なミュージカルだったのかという裏話が・・・

テニス経験者がスタッフ含めても土屋くんしかおらずにサーブの打ち方から始まり

ラケットも土屋君の私物をみんなで使ったとか・・・

ソレがあったから今のミュがあるんだね、と。

日替わりゲストは3代目から通くん、滝口君、相葉くん、川本君、江口君

(でよかったと思うけど・・・(1年トリオが・・・うすらぼんやりです・・・ごめんなさい))

どうやら関係者席に2代目の誰かが来ていたらしいです。私はほぼ対角正面だったゆえに全く見えなかったんですがオペラグラスを覗いていたお嬢さんの会話でどうやら手を振っていたらしい(誰かは不明)

通くんが180センチになったらしく兼崎の健ちゃんと並んで「りょまさんが大きくなった」とみんながみんな親心(笑)

最終的にラストスパートに行くにつれて人数が多すぎて馬場君を見逃す機会が増え

客席に紛れ込むともう分からない(マサは銀髪だから目立つんだけどね)

そんなんでしたが約3時間はあっという間でした。最期の方は3階席にもキャストが来てくれたらしいですが人の波で(席が一番下ゆえ)誰が来たか見れなかった・・・唯一四天宝寺のユニは見えたから四天宝寺の誰かは来てくれたようです。

うすらぼんやりな感想でしたが

お嬢さん方熱かったね。私は頑張って「マサー!!」と「馬場くーん」を一叫びだけ・・・

恥かしかったんだい!でもマサだけは叫んでおかないと(相方の分)と頑張ったんだい。

ミュ公式でこっそり1stシーズン的なことが書いてあって「続くのかなぁ」というのはこっそり思いましたがきっとキャストは代わるんでしょうね。

本当にキャストの皆々様、スタッフの皆々様お疲れ様でした。

なんだかんだと立海戦からドリライ含めずっと行っているので楽しませていただいていたんだろうなぁと。あの世界観を実写(生)で表現するのは実に大変でしたでしょう(しみじみ)

私はミュキャス商法にはそこまで手を出しませんでしたが、皆さんのますますのご活躍お祈りしております。親心的にも(笑)

|

« 横浜お洒落さん旅 | トップページ | 手ブロはじめました »

テニミュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜お洒落さん旅 | トップページ | 手ブロはじめました »